パールトップ管を使った脚柱

パールトップ管の脚柱
パールトップ管の脚柱

軽量で強度もあって加工もしやすいので、ちょっと複雑な脚柱にパールトップ管を使いました。塗装をして胴体に取り付けます。
塗装、組立完了
塗装、組立完了
塗装して組み立てました。パイプが引き締まって見えて良い感じです。強度も十分。
サスペンション部分
サスペンション部分
当時のゴム紐を使ったサスペンションを再現しました。もう少し太い糸の方がそれらしく見えたと思います。
タイヤ取付
タイヤ取付
車軸にピアノ線を使っていないので、タイヤ止めをスッキリ作ることができました。重さは0.67g、0.5g以下にしたいところです。